サイレンス

作詞、作曲:不思議なバレッツ
たくさんの人の笑い声が ぼくの耳にこびりついている
たくさんの人の顔が 笑いながらぼくを見ている
夜はあてもなく遠い空に宿ってしまい 
ぼくの街にはもう二度と来る事はない
(ゆがんだ形の静けさが包む街 壊れた灯りが静けさを破る街)
ゆがんだ形のサイレンス 深い水槽の中で
誰にも守れないサイレンス 笑いを忘れた子供たち
闇に溶けて行くサイレンス ぼくの頭の中にまで
霧に包まれたサイレンス ぼくの頭の中を
誰かが覗き込んでいる ぼくの頭の中にまで
誰かが入り込んでくる  
ぼくの頭の中にまで

死んだはずの人の声が ぼくの耳に響いてくる
死んだはずの人の顔が ぼくの部屋を覗き込んでいる
夜は原色の光の中に埋もれてしまい 
ぼくの空にはもう二度と来る事はない
(ゆがんだ形の静けさが包む街 壊れた灯りが静けさを破る街)
ゆがんだ形のサイレンス 深い水槽の中で
誰にも守れないサイレンス 笑いを忘れた子供たち
ゆがんだ形のサイレンス ぼくの頭の中にまで
闇に溶けて行くサイレンス 誰かが入り込んでくる
ぼくの頭の中を 誰かが覗き込んでいる 
ぼくの頭の中にまで 土足で踏み込んでくる
ぼくの頭の中を 誰かが覗き込んでいる 
ぼくの頭の中にまで 誰かが入り込んでくる  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*