貧血

作詞 西川道博
作曲 山本 将

Bm  G  A  Bm
Bm  G  A  Bm

Bm   G  A     Bm
いつものように、夕方、眼を醒まし
Bm   G  A     Bm
トイレに行こうとしたボクは、廊下で
Bm   G  A     Bm
貧血を起こして、 階段の上を
Bm   G  A      Bm
転がっていったのさ、血まみれになりながら
G      Dmaj7
あいにく家の者は、
G      Dmaj7
誰もいなかったので
G      Dmaj7
誰かが来るまで、ボクは、
G      F#m      Bm
血まみれのまま転がってたのさ

Bm  G  A  Bm
Bm  G  A  Bm

買い物から帰ってきた母は、血まみれの

ボクの姿を見て、気を失い

倒れた拍子に、庭石に頭ぶつけ

目玉がポロリと飛び出しちまった

あいにく、このボクは、

動けなかったので

誰かが来るまで、二人で

血まみれのまま転がってたのさ