1980年代の不思議なバレッツ

1981年

どるたんとファンキー君、入間市駅で運命の再会。

当時どるたん、某バンドの雇われメンバーとして新宿ACBなどに出演。
どうにも面白くないので自分のバンドを立ち上げようとメンバーを探していたところ。

フ「最近バンドやってるんだって?」
ど「ああ・・・」
フ「ベースは誰?」
ど「おめえだよ!」

で、バンド結成(笑)
調度ベースだけ決まってなかったんだよね。(どるたん談)

どるたん&ファンキー君にドラム、ギターを加えた4人編成のバンド東京スポーツとしてLIVE活動開始。

東京スポーツ

東京スポーツ

この時から、どるたん、ファンキー君、ともに作詞、作曲を始め、以後、不動のソングライティングコンビとなる。

1982年

その後、不思議なバレッツに改名。
(どるたん&ファンキー君ともに敬愛するシド・バレットにちなんで命名された)

録音機材、PA等一式を購入、どるたんの自宅を練習スタジオ兼録音スタジオに改造し、多重録音&LIVEリハーサルの日々。

そして新宿JAMを根城にLIVE活動開始。
毎回、メンバーも違えば、演奏形態も違うという、不思議なLIVEを繰り広げる。

  
どるたん、ファンキー君+執事の佐々木、3人でのLIVE
後ろにはTV3台、ビデオ、ラジカセなどなど、電化製品の山が積まれノイズを奏でる中、自作のカラオケによるパフォーマンス。

  
演奏したりしなかったり・・・

1984年

ナゴムレコードのオムニバスアルバム『あつまり』に収録

『あつまり』収録曲
A面

  1. 「オレンヂペニス」 (筋肉少女帯)
  2. 「肉の王者」 (筋肉少女帯)
  3. 「釈迦」 (筋肉少女帯)
  4. 「昭和モダンガール」 (東京遊民Co.,Ltd.)
  5. 「青い目の人形」 (東京遊民Co.,Ltd.)
  6. 「東京エレヂー」 (東京遊民Co.,Ltd.)
  7. 「ううろんち」 (不思議なバレッツ)
  8. 「森」 (不思議なバレッツ)
  9. 「ミヤジマ」 (不思議なバレッツ)

B

  1. 「しらたき弁当」 (新東京正義乃士)
  2. 「俺は両刀使い」 (新東京正義乃士)
  3. 「死体のこもれ火」 (新東京正義乃士)
  4. 「山道と観世音」 (新東京正義乃士)
  5. 「パノラマ」 (カヌーズ)
  6. 「オウム」 (カヌーズ)
  7. 「ホリデイズ」 (カヌーズ)
  8. 「アコーディオンマン・ランニング」 (ドレミ合唱団)
  9. 「ワルツ」 (ドレミ合唱団)

1984年11月、渋谷La.mama、『あつまり』発売記念LIVEに出演

1986年-1987年

新宿JAMにて、不思議なバレッツ主催イベント『不思議のヒットパレード』開催

第1回不思議のヒットパレード 第3回不思議のヒットパレード 第6回不思議のヒットパレード

第9回不思議のヒットパレード 第10回不思議のヒットパレード 第12回不思議のヒットパレード

不思議のヒットパレード全記録

第1回 1986.1.20 WHITE HOLIDAY、集会所、不思議なバレッツ
第2回 1996.2.28 不思議なバレッツ、他
第3回 1986.4.21 Fib、たま、不思議なバレッツ
第4回 1986.5.21 ruby、De;partment L-lu、不思議なバレッツ
第5回 1986.7.3 月光慰問客、Knicker bocker、不思議なバレッツ
第6回 1986.8.8 たま、不思議なバレッツ、他
第7回 1986.9.12 kumasan Team、LA BELLMER、不思議なバレッツ+Fib
第8回 1986.11.7 KITHCHEN A*LAMODE、Les Promenurs、Camp-3、不思議なバレッツ
第9回 1987.2.6 シャンピニオン、櫻花壇、不思議なバレッツ
第10回 1987.3.18 ムイ・エキセントリコ、Sarasa、不思議なバレッツ
第11回 1987.5.12 シャンピニオン、C-Girl、不思議なバレッツ
第12回 1987.7.7 天人五衰、The Rooks、不思議なバレッツ
第13回 1987.8.13 Camp-3、CCメッカ、不思議なバレッツ

1996年8月26日のLIVEより

不思議なバレッツ80s Gallery


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*