★オレのミック・ロンソン★

不思議なバレッツのどるたんです。

 

デヴィッド・ボウイはミック・ロンソンに出会った時に、
「ぼくのジェフ・ベックを見つけた」と言ったそうな。

オレには、一緒に音を出した瞬間に「オレのミック・ロンソン!」と思ったギタリストが、ひとりいる。

はじめて会ったのは、2004年。

ある分野では、有名なギタリストなんだけど、あまりライヴハウスに顔を出していなかったオレは、音を聴いた事はなく、名前も知らなかった。

でも、なぜか、一緒にやりたいという気持ちを強く感じて。
「今度一緒にやろうね。」
と口約束だけは交わしていた。

それから2年・・・

2006年夏。

はじめて、スタジオで一緒に音を出した瞬間。
頭の天辺からガツーンと衝撃を感じて、ワンテンポ遅れて笑いがこみ上げてきた。

うはっ!!!最高!!!

それが、オレのミック・ロンソン、こと、りょうちゃん(前澤亨)。

その夏、福生カニ坂ロック・フェスにMick Ronson Memorial Bandとして出演。

どるたん&りょう 2006カニ坂ロックフェス

その後、一緒に音楽活動をつづけてきたわけではないけれど、要所要所で一緒にステージに立ってくれた。

時には、一緒に横手焼きそば活動(?)をすることもある。

そんなりょうちゃんと、先週の木曜日、一緒にスタジオに入って来ました~!!

いや~、すごかった。

お仕事が忙しくてあまりギターにも触れていないのか、ギターには、ちょっとほこりが積もっていましたが(笑)
音は、パワーアップしてやがんの!!
音のでかさじゃなくて、表現みたいなもの?が、一段と味わい深くなったといいますか・・・
とにかくハートにガツンとくるわけですよ。

『Angel No.9』のイントロ聴きながら泣きそうになった。
てか、ちょっと涙出た。
マジで。

すごいよ!!

で、このギターに、これまた大好きなドラマー高木さんの音がドカンと入ってくるわけですよ。
ワクワクテカテカが止まりません。

りょう、トシ&どるたん
(今までたった一度のりょうちゃん、高木さん&どるたんの共演写真)

ジューシィ・フルーツ(ジューシィ・ハーフ)のポップでキレの良いドラムとも、他で聴く高木さんの音とも、あきらかに違う、ブリティッシュ・ロックな高木さんの音!

大迫力!!

なかなか聴けませんぞ!!

オレや高木さんやりょうちゃんの、心と身体に染み付いてるブリティッシュ・ロックの音です。

で、さらに!

まだ出会って1年なのに、ずーっと一緒にやっているような感覚のルイス。

そして、今回はじめて一緒にステージに立つ、キーボードのcoichi。

2人とも、すごいキャリア積んでいる人々なので、音が出来上がって行くのが早い早い。
スタジオでのやりとりを見ているのも、楽しかった。
って、オレも見て楽しんでいる場合じゃないんですけどね。(笑)

さて、このメンバーで、4月29日(日)渋谷La.mamaに出演いたします。
バンド名は

MRMB2012

・どるたん(V)
・りょう(G)
・ルイス稲毛(B)
・高木利夫(D)
・coichi(K)

オレ的に、すげぇメンバー!!

この日は、ミック・ロンソンの命日。
何年か前から、ずーっとこの日はミック・ロンソンの曲を演奏してきたオレです。

今年も、ステージに立てる機会を与えてもらったので、ミック・ロンソンの曲を演奏いたします。

今年は代々木で、Mick Ronson追悼イベントがあるので、そちらに行く人も多いかと思いますが、オレたちの音を聴いてみたいと思ってくれた人は、渋谷La.mamaに足を運んでみてください。

それぞれの場所で、それぞれの音を聴きながら(奏でながら)、ミック・ロンソンの事を思ってもらえれば最高だよね。

素敵な、4月29日を過ごしましょう。


★解散2Days御礼&今後の不思議なバレッツ★

不思議なバレッツのどるたんです。
不思議なバレッツ、解散2Daysに来てくれた皆様。ありがとう!
おかげさまで両日とも満員で盛り上がることが出来ました。会場には来られなかったけど、応援してくれていた皆様もありがとう!
ひとりひとりに返信出来てないけど、メッセージしかと受け止めてステージに立ちました。メンバーのみんなも、ありがとう!
最高に楽しい2日間でした。

不思議なバレッツ 2012
(写真はリエちゃんのお友達が撮影)

ところで、不思議なバレッツというユニットは今後も存続するのに、今回あえて解散って言う言葉を使ったのは、

・どるたん(Vo+Guitar)

どるたん

・makolin(Guitar)

makolin

・りえ(Bass)

りえ

・えみちょ。(Voice)

えみちょ。

この4人は、本当に強固な『バンド』として存在してたと思うのです。
オレたちの心の中にも、『バンド』という意識はすごく強かったしね。

なので、一旦、バンドとしての不思議なバレッツは解散。

結局の所、そこから自由になって、創作、表現をしてみたいというオレのわがままなのかと思います。

メンバーそれぞれに意識のズレもあったと思うし、それが大きくなって行くのも感じてたし、この辺で一度この形は終りにしたいという気持ちが抑えられなくなっちゃったのです。

それと、不思議なバレッツって、やっぱり変幻自在なユニットとして存在する方が、素敵だと思った。

不思議なバレッツのメンバーってさ

今回、客席には、オリジナルメンバー(というか永遠の相方)ファンキー君が来てくれていたし。
あおきやMEWさんやTERAさんという、バレッツメンバーも来てくれたのね。

イトー・カラテさんも、遠く広島からバレッツ解散を惜しむ声を発信してくれていたし。
hajimeさんからも応援メッセージいただいたし。

KENNYさんや、高木利夫さんからの応援メッセージには「元メンバーより」って書かれていたんだけど、それを読んだ時には、バレッツって「元」も「現」もないよな・・・って思いました。
別に、脱退とか解雇とかしたわけでもないし(笑)

バレッツと一緒にステージに立って、バレッツWEBサイトでも勝手にメンバー扱いにされてる(笑)、りょうちゃん(前澤亨)やMarsh Branchも来てくれたしね。

ファンキー君が、抜けた時も、オレはWEBサイトに「2010年3月のLIVEを最後に、不思議なバレッツのLIVE活動からはリタイア。」って書いてるんだよね。

不思議なバレッツのメンバーじゃなくなったとは思ってないわけ。

そういう存在で、いいんじゃないかね?
不思議なバレッツ。

以前、不思議なバレッツについての考察をブログに書いてくれた人がいるんだけど。
↓これ
http://blogs.yahoo.co.jp/mick_stough/50196579.html
まあ、こういうことだよね~

だから、本当は解散なんて言っちゃいけないんだけど。
でも、そう言いたくなるほど、オレたち本当の意味で『バンド』になってたんだよね。

とはいえ、このバンド、ドラムはある時期から固定されておらず、サポートを頼んでたわけですが、解散寸前に正式メンバー(?)になったのが、不思議軍の石原謙。

石原謙

正式メンバーになって、2日で解散!(笑)

それも、また、良かったな。
ネタ的にも良かったし。(笑)

そんなわけで、解散した不思議なバレッツだけど、今月の18日、La.mamaに出演いたします!(苦笑)

解散サギみたいでごめんなさい。

でもさ、3月でバンドは解散!
4月からは変幻自在のユニットとして再出発!
っていうのも区切り的にも調度良かったかな、とも思う。
偶然なんだけど。

まあ、4月18日は、正直な所、不思議なバレッツじゃなくても良かったんだけど・・・

その名前で出るからには、しっかりと不思議なバレッツらしい音楽を奏でてくるつもりです。

メンバーは

・どるたん(G+Vo.)

どるたん

・ルイス稲毛(Guitar) from 不思議軍

ルイス稲毛

・奈桜(djembe) from The Butterfly Effect

奈桜

不思議なバレッツ、そんな形で活動していくつもりです。

ファンキー君と2人で、新宿JAMに出演しようって話しも進行中です。

今までのメンバーとも色々絡ませてもらう事があると思います。
近い将来、音源を作る時が来るだろうし。

「二度と不思議なバレッツはやらない!」って言ってる人もいるけど(笑)
まあ、それはそれで、それぞれの道で活躍出来れば良いかと思っているし、応援もしています。

あと、これは、ほぼ決定事項ですが、年末に不思議なバレッツ祭りを開催いたします。
日程は、12月22日(土)
場所は未定。

不思議なバレッツ祭 2010

(写真は2010不思議なバレッツ祭り)

関係者の皆様、これから召集令状届くかもよ!
出たい人は、今から日程空けといてね~

てな事で、今後とも
不思議なバレッツ
よろしくお願いいたします!